• リフォームメニュー
  • コンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 会社案内

補助金を利用して賢くリフォーム

現在のお住まいでこんな問題抱えていませんか?

補助金を利用してお得にリフォームできるかもしれません。


これらは、国土交通省で行っている「長期優良化リフォーム推進事業」の補助金を利用できるリフォーム工事の一例です。この事業の補助金はなんと最大300万円

 
この機会に補助金活用による住宅リフォームを是非ご検討ください。



 長期優良住宅化リフォーム推進事業ってどんな事業?


「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは、耐震性・省エネルギー性能など既存住宅の質の向上を推進するために費用の一部を国が補償する事業です。

簡単にいうと、
 今ある住宅をより長く使用できるように住宅性能を向上させましょう。
そのための改修工事費用の一部を国が補助します!                
ということ。


★国の事業であるため、補助金が支給されるためには様々な要件があります。
                            
 ●リフォーム工事前にインスペクション(家の劣化事象の調査)を実施する

 ●リフォーム後の住宅性能が一定の基準を満たすこと   ※下図を参照
 ●リフォーム履歴・維持管理計画を作成する




補助金額はリフォーム後の住宅性能によって変わります

 補助率:補助対象工事の1/3の金額が補償されます

認定タイプ別補助限度額

リフォーム後の住宅性能 補助限度額
評価基準型 評価基準に適合
長期優良住宅の認定をしないものの一定の性能向上が認められるもの

上限100万円/戸(150万円/戸)
認定長期優良住宅型 長期優良住宅(増改築)認定を取得するもの


上限200万円/戸(250万円/戸)
高度省エネルギー型 上記2のうち、更に省エネルギー性能を高めたもの


上限250万円/戸(300万円/戸)
( )内は三世代同居対応改修工事を実施する場合

★補助金を利用するメリットは?
 ●補助金を使うことで費用削減になる
 ●インスペクションを受けることで既存の住宅性能を把握できる

 ●耐震性などが確保されるので安心して長く住み続けることができる
 ●住宅の性能を向上させることができる(光熱費削減も期待できる)
 ●各社独自の性能基準ではなく、定められた一定の基準で審査されるため安心できる

★補助金利用のデメリットは?
 ●事前に審査を受けなければならないので通常より時間がかかる場合がある
 ●審査の結果によって、補助金の支給が(一部)されないことがある




リフォーム無料相談会を随時開催しています。
 補助金を利用するには細かい規定が色々あります。今ご検討中のリフォームが補助金支給に該当するのかなども含めて各種ご相談をお受けいたします。
 
相談会申込みはコチラ

 
その他ご不明なことなどございましたら、
お気軽に弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

コンテンツ

  • コンセプトはこちら
  • リフォームメニュー
  • イベント情報
  • タカラのホーロー製品
  • クロスハウスリフォームの取り組み
  • 現場BLOG